通販


→「楽天市場で5000円分の買い物ができる裏技!」
えっ!?と驚く通販節約生活! > 元気が出る日記 > ホリエモンこと堀江貴文さん実刑確定!最高裁上告棄却。

ホリエモンこと堀江貴文さん実刑確定!最高裁上告棄却。

2011年4月26日

ホリエモンこと堀江貴文さん実刑確定!最高裁上告棄却。
というニュースが流れてきた。

「棄却された。。」という堀江貴文さんのツイートが流れてきたのが12:11分。そこからTwitterに住む人間たちの様々なツイートが氾濫した。多くはホリエモンに大して同情的な意見が多く、ネット上の知識人と呼ばれる人間たちからの堀江貴文さんへのイメージというものが改めて浮き彫りになった。

私もその中の一人である。

堀江貴文さんのメルマガをとっているのだが、毎週毎週濃い内容の記事を提供してくれており、非常に知見が広まる良い媒体として活用させていただき、また大いに勉強させていただいていた。

ライブドア事件当時は、マスコミの過熱報道に感化され、私自身も「ホリエモンは悪い人」という認識であったが、その後の彼の活動を通じて「ライブドア事件」に対しての考え方も変わってきた。そして、まだ記憶に新しい、「検察の証拠改ざん事件」。

あの1件があってからというもの、検察への不信感は確定的となった。偉そうにしてる検察は、権力をかさにきてやりたい放題事件を立件しているだけの連中だ。そんな奴らに狙われた堀江さんが可哀そうでならない。

百歩譲ってホリエモンが悪かったとしても、2年半も刑務所に入れるのはちょっと勘弁してあげて欲しい。なぜならば、メルマガとかが見れなくなるから。堀江さんの日常は情報収集で埋め尽くされている。だが、刑務所に入るとなればそうもいかないだろう。インターネットを閲覧することもできないだろうし、Twitterでつぶやくなんてこともできないだろう。彼にとって情報収集、情報発信ができない環境に放り込まれるということは、「生を奪われる」に等しいことなのではないか?
そして、彼のフィルターを介して伝わる情報を楽しみにしている我々にとっても大きな損失である。堀江貴文さんのいうことを全部信じてるわけじゃないけど、斬新な視点からの意見には非常に考えさせられるものがあったため、ほんとうに残念だ。本当に・・。

今の日本の社会では政治家・マスコミは特に腐ってると思う。民間人もその事に関して気付き始めているようだけれども、私を含め、「政治家やマスコミをなんとか変えていかないとヤバそう。。。でもどうすればいいかわからない」
こう感じている人間は多いのではないか??

それに対する答えを示してくれそうな人間がホリエモンだったと私は思う。先日、Twitter上で橋下大阪府知事とのやりとりで、政治に進出しそうな雰囲気のツイートを目にして、わずかではあるが、ドキドキした。「なんとかしてくれるのでは?」と。
しかし現実は残酷だった。彼は2年もの間、刑務所へ入ってしまう。彼の当然活動は停止し、出てきたとしても復活するまでには相当な期間が必要になるだろう。精神的なダメージも計り知れないはず。政治に関わって日本を変えるという活動もほぼ白紙に帰ってしまったと言ってもいいだろう。残念だ。

もしかしたら、検察・裁判所はあのツイートで棄却を判断したんではないだろうか?だって、ライブドア事件が起きた時もホリエモンは政治に進出していた。だから政治家の変な奴らが「堀江を逮捕しろ!」みたいに言ったんだと思う。で、今回も橋下さんとタッグを組んで何かしようとしたから「ぶち込め!」みたいに決めたんじゃないか??

勝手な妄想であることは100も承知のうえだが、こんな妄想をさせてしまう政治家・検察にも非があると言えるんではないだろうか??

とにかく、個人的に、今回のホリエモンの実刑判決は残念でならない。刑務所の中で2年半。本当に辛いでしょうが、なんとか元気に出てきてくれる日を待ってます。

 

トラックバックURL: http://braveweb.net/mt5/mt-tb.cgi/29

« 前の記事「ふむふむ。いいこと思いついたぜ!」  |  次の記事「あいあいさー」 »
 
セントラル短資FXの評判